新しい京都のデザインを創出

京都市長賞

003-1.pdf

部門/分野 <第4部門>
作品名 BOTANICAL JEWELRY
 ー琥珀と蒔絵が織りなす、新しいジュエリーのかたちー
品番
デザイナー TACARA 宮内 千秋
税別価格
内外商品販売店舗
作品説明 数多ある、宝石と呼ばれるものの中で、唯一植物を起源にもつ琥珀。 また、日本が誇る漆芸技法の一つ、蒔絵も漆の木の樹液を加工して表現していきます。 それぞれの共通点であるBotanical「植物性」の特徴を生かし、カジュアルにも、フォーマルにも対応できる、本格的なジュエリーをデザインしました。
企業名
郵便番号
住所
TEL
FAX
URL
E-mail