第2回理事会 議事録
  • 日 時:平成26年6月13日(金)午後7時~
  • 場 所:公益社団法人京都デザイン協会事務局(京都市中京区塩屋町39)
  •  15名の理事が出席。
  •  議事に入る前に奈良理事長より、5月30日に開催した総会が皆さんの協力で無事終了したことへの感謝と、正式に26年度がスタートし、KDA総力で公益法人にふさわしい事業をみんなの積極的な活動で成果を上げることへの協力依頼があった。
  • 議 題
  • 1.常務理事会より
  • 6月6日に開催した常務理事会での討議内容が大石副理事長から報告された。
  • ●会員(正会員、賛助会員)増強について、この1年間を通して具体的な方策を練ることとなった。
  • ●デザイン協会事務局の改修「オフィス再生計画」を策定し、実施することとなった。
  •  田中担当常務理事からプランが説明され承認された。
  •  ▽第1期 2014年度中に出来ることから早急に実施する。
  •   会議机の天板を小綺麗なものに替える(済み)
  •   2階オフィスと廊下リノベーション
  •   →床をパンチカーペットに張り替え
  •   →壁を塗装し直し
  •   小川通出入り口に「京都デザイン協会」プレートを設置
  •  ▽第2期 2015年度中
  •   1階自転車置き場と階段リノベーション
  •   →1階床 コルク? ウッド?
  •   →階段 ウッド
  •  リノベーション専門委員として、中西理事が推薦され、本人も承諾した。
  • ●KDAサロンの内容を、若い人向け、賛助会員向けなどターゲットを明確にし、バラエティに富ませて実施することとなった。藤原常務理事が立案する事を確認した。
  • 2.デザインを通じて地域基盤の向上と地域産業の振興を推進する事業(公1)
  •  ⑴ 京都デザイン賞2014について土居実行委員長より報告があり承認された
  •   協賛企業:43社(別紙参照)
  •   応募要項の校正が最終段階で、6月23日に印刷発注の予定
  •  ⑵ デザインアドバイスの事業→報告なし
  •  ⑶ 伝統工芸デザイン支援事業→報告なし
  •  ⑷ 研究・シンポジウム事業
  •    三条通プロジェクトについて大石担当委員長より報告があり承認された。
  •    今後の研究会のメンバー、進め方についての会議を6月20日(金)17:00〜 事務局にて
  • 3.デザイナーである会員の創作・研究・発表を行い、そのデザインの向上を図る事業(共1)
  •  ⑴ デザイナーの仕事・展について井上実行委員長より第1回実行委員会開催の案内。
  •    6月13日(金)第2回理事会終了後 第1回実行委員会を開催
  •  ⑵ 会員展
  •   京都の日本酒にデザインで乾杯展 秋田展 について官能理事、田中常務理事から報告。
  •    会期:5月12日(月)〜25日(日)
  •    場所:秋田公立美術大学サテライトセンター
  •    入場者:約700名(5/23 秋田市長もご来場)
  •    シンポジウム『デザイナーの視点から見る京の食文化』
  •     KDAより川口副理事長、田中常務理事がパネラーとして参加
  •    取材:新聞掲載4社・テレビ放映2社(別紙参照)
  • 4.会員相互の交流を目的とした事業(共2)
  •  ⑴ 交流会→報告なし
  •  ⑵ KDAサロン→報告なし
  •  ⑶ Designers Mini Café→報告なし
  •  ⑷ 国際交流事業→報告なし
  •  ⑸ 他団体との交流事業
  •    ファッション京都推進協議会 第1回企画委員会→川口副理事長が出席した。
  •    平成26年5月28日(水)午後2時〜3時 於:京都商工会議所第3会議室
  •   ・近畿圏デザイン協会協議会
  •    藤原常務理事から報告があった。
  •    今年度の情報交換会担当は神戸デザイン協会で、7月12日(土)生糸センターで開催予定
  •    詳細決定後、案内があるのでできるだけ参加をして欲しいとの呼びかけがあった。
  • 5.京都のデザイナーによるデザイン会議(共3)
  •   大石副理事長より、会議録が出来上がったので競技会団体に配布を兼ね、今後の展開についての意見交換会を早急に開催する旨の説明があった。藤原常務理事が案内状を作成することとなった。
  • 6.運営報告
  •  ⑴ 企画・教育
  •    デザイン相談設置窓口→報告なし
  •  ⑵ 広報・交流→報告なし
  •  ⑶ 総務
  •   ○平成26−27年度 KDA新運営組織について(別紙参照)
  •    奈良理事長より26,27年度運営組織について常務理事会、理事会、総会の位置付けとメンバー、事業運営は担当理事が実行委員長となり、複数の理事がサポートしながら、一般会員もいずれかの事業運営に携わって頂く(重複は必須)オールKDA体制の説明と合わせて、一般会員への説明と委員会への勧誘も、それぞれ実行委員会で行うよう要請があり了承された。
  •   ○平成26年度 事業案・予算案について→総会で発表し承認された計画に沿って実行する。
  •   ○寄付金について(別紙参照)古川事務局長から説明があった。
  •    公益社団法人となったメリットとして、公益事業を拡充実施するため寄付金を募集し、寄付者は一定額を免税される制度があることの説明と、寄付金募集活動を開始出来るよう、協会のプロフィールと事実施への寄付によるサポート依頼キットの作成、同時にホームページによる募集開始を併せて早急に行うことが承認された。詳細実務準備は常務理事会で行う。
  •   ○平成26年度定時社員総会についての報告があった。
  •    日時:5月30日(金)午後3時30分〜4時40分
  •    場所:京都商工会議所第1会議室
  •    出席者:27名(内会員19名)
  •   ・ 懇親会:京料理 卯柳 先斗町 花 午後6時〜 出席者:22名
  •     収支報告は次回報告予定
  •  ⑷ 経理・会計
  •    平成26年度5月収支報告が(別表参照)古川担当法無理寺よりあり、了承された。
  • 7.入退会について
  •  ・入会の件 株式会社堺田商事(賛助会員)官能理事ご紹介。全員一致で入会が承認された。
  • 8.行事報告・予定
  •  [報告]
  •  ・堺デザイン協会創立30周年記念事業
  •   平成26年6月7日(土)於:大仙公園 日本庭園→川口副理事長が出席した。
  • 9.一般報告
  •  ・京都府中小企業団体中央会『機関誌協同6・第59回通常総会議案書』
  •  ・山田啓二京都府知事より『挨拶状』
  •  ・京都副市長より『新任の挨拶』
  •  ・一般財団法人大阪デザインセンターより『一般法人移行の挨拶状』
  •  ・京都商工会議所 機関誌『BUSINESS REVIEW 5.6』
  •  ・京都伝統産業青年会『創立50周年記念誌』の案内
  • 10.その他
  •  ・鈴木理事より提案があった。
  •   『京まちなかバル』:飲食や物品購入に使えるお得な5枚綴りチケットを販売し、地域の活性化につなげるイベント。
  •   平成26年11月1日〜15日、16日まで中京区の9学区で開催されるイベントに、デザイン協会も何らかの参加が出来ないかの打診。具体案を作成し理事会に提案するようお願いした。
  •  ・土居常務理事より報告があった。
  •   「一杢」から作務衣のデザインコンテスト開催についての相談があった。詳細のヒアリングをしてから理事会に報告するようお願いした。
  • 議事録作成:奈良磐雄